ビフィズス菌 効果

ビフィズス菌サプリやビフィズス菌ヨーグルトを飲んで腸内細菌バランスを整えましょう

 

ビフィズス菌は大腸に生息している役に立つ有用菌です

 

ビフィズス菌は酸素が苦手なので
酸素のない大腸で生息出来るのです

 

赤ん坊のころには99%以上がビフィズス菌であったので
赤ん坊の健康を作る腸内細菌として大切な存在でのあるのです

 

大きくなり大人になるとビフィズス菌は大きく減少していきます

 

還暦の60歳ごろの腸内フローラ内のビフィズス菌は1%以下に減少してしまうのです

 

生まれた時から生きている限り腸管内で体に有益な活躍する有用菌がビフィズス菌なのです

 

悪玉菌は逆に酸素が好みです

 

腸内環境で悪玉菌は酸素を消費するので、腸管内では酸素がないのでビフィズス菌が活性化するのです

 

乳酸菌と同じく善玉菌のビフィズス菌はお腹で酢酸や乳酸を作ります

 

ビフィズス菌が酸を生産するので大腸は弱酸性になります

 

酸性になるとアルカリ好きな悪玉菌は抑制され善玉菌が多い腸内細菌バランスになっていくことになります

 

善玉菌2:悪玉菌1の理想的な腸内環境バランスを目指して健康維持に努めることが大切ですね・・・

 

善玉菌たちが産生した酸により悪玉菌が有害物質を産生することを抑制してくれます

 

大腸のアンモニア・ニトロソアミン・インドールなど有害物質が増えるのを抑制してくれることになるのです

 

便秘が解消されると、大腸で糞便の滞留時間が減少し、悪玉菌が有害物質を生産を減少させるのです

更新履歴